special menu

まるで空気を纏ったようなやわらかウェーブ 欲しかったあのフワフワ感と理想のカールが実現

施術の流れ

髪の主成分でもあるタンパク質などの栄養を補給。髪を補修し、ダメージを均一にコントロールすることで、かかりムラを無くし、過剰なダメージの進行を防ぎます。

水分子を細かくしたスチームをあてて、タンパク質や栄養を髪の深部に浸透させます。湯気の水分子の10分の1の蒸気が 髪の内部に入り込み、髪に潤いを与えると同時に、(1)の処理剤の浸透をサポートします。

1本1本、丁寧に薬剤を塗布していきます。

髪の内部の物質(コルテックス)を移動させます。airwaveによって、温度と水分量をコントロールし、コルテックスの 移動を促進させます。

髪の水分を吸引する為の、チューブを繋ぎます。

移動させた物質に、位置を記憶させます。温度と水分量をコントロールしてCMC(細胞膜複合体)を硬化させ、髪内部 の物質(コルテックス)をストレスのない位置に記憶させます。

クーリングして2剤を塗布し、カールを固定させます。

「パーマ技術の進化で、新しい形状記憶パーマが出来ました。低ダメージで、
しかもウェーブ長持ち!憧れの外国人風ウェーブに挑戦してみては?」
喜多代陽介(エリアマネージャー)

適切かつスピーディーに十人十色の髪質を鋭く見抜き、 再現性と髪のケアを考えたスタイルを創り出す高い技術力 には定評がある。有名女性誌をはじめ、人気モデルや タレントのヘアメイクも手がけている。髪の知識には 絶対の自信と探究心を持ち、airオリジナルトリートメントやプロダクトの開発にも中心となって携わっている。

Q&A

Q.air wave と今までのパーマはどう違うの?

A.温度、水分量をコントロールして髪の内部のコルテックスを移動し、ストレスのない位置に記憶(固定)させるので、今までより弱い薬の力でパーマがかけられます。また、乾いている状態でウェーブがはっきりと出るので、大きいウェーブ もしっかりとかけられます。

Q.デジタルパーマとの違いは?

A.50℃前後の中低温でパーマをかけるので、髪の内部でのたんぱく質の変性などが起きない為、何度でも繰 り返しかけることができ、低ダメージです。

Q.どうして air wave をかけるとつや髪になるの?

A.髪の表面のキューティクルも整えながらパーマをかけるので、柔らかく、ツヤのある髪になります。

Q.パーマのもちはどうですか?

A.通常のパーマの1.5 ~ 2倍持ちます。 内部のコルテックスを移動し、記憶させることで少ない薬の力で、持ちを長くすることが出来ます。

Q.お手入れスタイリングが簡単って本当?

A.乾いた状態ではっきりとウェーブが出て、髪も柔らかい質感になるのでスタイリングが簡単です。 また、根元にボリュームが付けられるので、ペタンコで悩んでいる人にもボリュームが出るのでオススメです!

※カウンセリングに基づき、最適の施術を行いますが、髪の状態によっては施術が行えない場合もございますので、ご了承下さいませ。

スペシャルメニュー 一覧へ